レコーディング

2011/01/21

みなさまこんにちはスタジオロビタのひろしでございます。

所で皆様アフレコってご存知ですか?

アニメや映画の動きに会わせて声優さんが声を当てはめていくというものなんです。

アフレコ=アフターレコーディング

業界用語で言葉を当て込む事からアテレコとも言うらしいです。

逆に先の声を録音して映像を声に会わせる事をプレスコといいます。

プレスコ=プレスコアリング

僕は以前プレスコの事をビフォレコ(ビフォーレコーディング)と読んでいました。

後で録音するのがアフターレコーディングなら
先に録音するのはビフォーレコーディングだろうと

至極単純な理由で勝手に思っていました。

だってまさかプレスコだとは夢にも思いませんでした。
一瞬試験管か何かかと思ってしまいます。

それはフラスコ…

これは英語特有ですよね意味が似ていたり反対だったりしてもまったく違っていてその単語自体を覚えていないと理解出来ないと
医学用語等の専門用語だとかは英語がある程度はなせる人でもチンプンカンプンなので
病院で焦るなどという話も聞きます。

日本語で気管支炎なら
まあ気管的な何かが炎症的な何かを何かしらしているんだろうとまあ分からなくもないですが

英語で気管支炎だと
bronchitis

ぶ、ぶらん…え?

分かりません

という

これは確かダーリンは外国人のネタなのでダーリンと外国人を読めば100倍分かりやすのですが
こんな感じだったと書いてみました。

気管支炎ではないですが風邪が流行る季節ですので
皆様お体には気を付けてくださいまし

それでは今日はこの編で
スタジオロビタ

最後にチェックした商品