結婚式の豆知識

両家 顔合わせ

結婚準備の第一歩は顔合わせの食事会から

結婚はふたりだけのことではなく、家と家との結びつき。結婚が決まったら準備を始める前に、両家の顔合わせをかねた食事会を開きましょう。場所はどんなところでもかまいませんが、できれば落ち着いて話ができるレストランの個室なんかが最適です。

費用の支払い方法は?

費用の支払い方法は、ふたりで両家の意向をはかり、事前に決めておくようにしてください。お嫁さんを迎えるのだから男性側が払う、自分たちのことだからふたりが負担する、結婚前なのだから両家で折半するなど、考え方はいろいろです。
支払うときになって「ここはこちらが」「いや、ぜひうちが」とゴタゴタするのは見苦しいし、両家の間に妙な遠慮や誤解を生じるのも避けたいので、スムーズに運ぶように段取りしておくこと。

第一印象というのはとても大切です。お互い実家が遠方にあったりすると、結婚式当日に両家が「初めまして」となるカップルもいるけれど、最初にボタンをかけ違えてしまうと、いつまでもしこりが残ったままということも…。ここは慎重にいきたいところです。

「結納」をしない場合は食事会を開きましょう

ひと昔前、結婚を決めた両家は「結納」を交わすのが一般的でしたが、今では全体の20%程度になってしまいました。「意味がない」なんていわれるけれど、結納をすれば婚約はオフィシャルなものになり、結婚準備もスムーズに進むので、なかなかよくできた合理的なシステムなんです。

結納をしない場合は両家の顔合わせを兼ねた食事会を開き、本来は結納の場所で相談していたことを、このタイミングで話し合うようにしてください。
最初にするのは両家家族の自己紹介。その後、結婚式についてのアレコレを決めていきます。

顔合わせをしないで準備を始めてしまうと、例えば母親の当日の服装にしても「やっぱり黒留袖かしら。それとも洋装? 向こうのお母さんはどう言ってるの? それとなく聞いておいてよ」となり、いちいち面倒なことに。
結婚式は決めなければならないことが山積みなので、両家で相談したほうがよいことは、全部この場で話し合っておきましょう。

ちなみに、親もとを離れているなどの理由で親と別々に会場に行く場合は、ふたりは絶対に時間厳守! 遅刻厳禁です。
両家の両親はまったくの初対面。あいさつのあとは「一体何を話せばいいのやら」です。そこに当人たちが大幅に遅れて登場となると、気まずさマックスの状態で第二の人生がスタートすることに。くれぐれも気をつけましょう。

遅刻もせず、にこやかに食事会が始まったにもかかわらず、なかなか打ち解けた雰囲気にならない…なんていうときには、披露宴で流すプロフィールビデオの相談をすると、会話の糸口が見つかります。新郎新婦の子ども時代のエピソードなども自然に出てくるため、一気に和やかな雰囲気に。

結婚式全体の概要をざっくりと相談

顔合わせの場所で決めておきたいのは、結婚式全体の概要です。挙式の形式(キリスト教式、神前式、人前式など)、披露宴会場(ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランなど)、招待人数(両家のバランスがあるため)、媒酌人の有無、主賓あいさつ、乾杯の人選、結婚式の費用負担(折半、人数割りなど)、結婚式当日の両親の服装(正礼装、準礼装、和装、洋装など)、引き出物(地域性もあるため)などを、ざっくりと話し合っておきましょう。

結婚式というのは、枝葉の部分はふたりで決め、幹は両家で決めるのがベストです。親に途中経過を報告しないでふたりだけで進めてしまい、直前になってクレームが出て白紙に戻った、ということも珍しくありません。地域性も大きいので、自分の身内はOKでも、相手側から「そんな結婚式は聞いたことがない」と言われればそれまでです。

最初に両家が足並みを揃えてスタートすれば、その後の準備もスムーズに進むので、「顔合わせの食事会はものすごく重要!」と肝に銘じてくださいね。

このコラムと関連した結婚式ムービーアイテム

profile

プロフィールビデオ

プロフィールビデオは、新郎新婦の生い立ちや、お2人が出会ってからこれまでの道のりなどを紹介する映像演出。披露宴の余興演出として使用したり、新郎新婦のお色直し中や退場のタイミングなどで使用したりすることが多い演出です。
2次会からの参加者も多い場合、披露宴の内容を共有することでおもてなし効果もアップできるというメリットもあります。

profile

このコラムのライター

井出千昌

フェリス女学院大学文学部国文学科卒。フリーライター。学生時代から編集の仕事に携わり、卒業後、フリーに。『25ansウエディング』(ハースト婦人画報社)には’90年代半ばから現在まで執筆を続けている。ウエディング関連の編集書に『安部トシ子の結婚のバイブル』(ハースト婦人画報社)、編集協力として『SWEETウエディング ハンドメイドBOOK』(武井美雪著/主婦の友社)などがある。

こちらもおすすめ

結婚式の豆知識

今さら人に聞けない 結婚式に関する素朴な疑問 PART.2 一般常識編

両家の顔合わせから結婚式の準備、入籍、新生活のスタートまで、 「これはどうすればいいの?」 と悩む一般常識のアレコレにお答えします!

両家の顔合わせから結婚式の準備、入籍、…

結婚式の豆知識

今さら人に聞けない 結婚式に関する素朴な疑問 PART.1 挙式編

結婚式の準備を進めながら「こんなことを聞いたら非常識?」 なんて考えてモヤモヤしている人もいるのでは? 特に挙式に関しては、 知らなくて不安になるこ…

結婚式の準備を進めながら「こんなことを…

結婚式の豆知識

デキる花嫁のマナーと気配りPART.5 両家の会話編

ふとしたしぐさやなにげない言葉づかいが素敵。 気取っているわけではないのに、 今日は特別に輝いて見える…。 立ち居振る舞いにスマートさが感じられる花嫁…

ふとしたしぐさやなにげない言葉づかいが…

結婚式の豆知識

デキる花嫁のマナーと気配りPART.4 両家の家族編

あなたが結婚式に夢をもっているように、 両家の両親にとっても結婚式は特別な日。 今まで見守ってきてくれた家族のために、 この機会にできる親孝行は、た…

あなたが結婚式に夢をもっているように、 …

結婚式の豆知識

デキる花嫁のマナーと気配りPART.3 パートナー編

ゲストに対する配慮は万全なのに、肝心の彼のことは何も考えてない…。 意外なようですが、そんな花嫁はとても多いんです。 彼はあなたにとって、いちばん大切…

ゲストに対する配慮は万全なのに、肝心の…

最後にチェックした商品