ハプニングあるある_進行編3-1_リングボーイ泣
結婚式の豆知識

先輩花嫁に聞いた「ハプニングあるある」PART3. 進行編

トラブルに戸惑わないような花嫁になろう

結婚式の準備段階では「これで完璧」と思っていても、
思わぬ手違いや予期せぬ事態は容赦なくやってきます!
大抵のことは、あとから思い返せばよい思い出になるので、
いちばん大切なのは「もう最悪!」なんて落ち込んだりしないこと。
何があっても笑顔で乗りきれば、花嫁の株も上がりますよ♪

リングボーイを頼んだ甥っ子がぐずって大泣き!

幼いリングボーイが雰囲気に飲まれてぐずってしまったら
「ご機嫌がよかったらやろうね」などと声をかけ、
まずは不安を取り除いてあげましょう。
よくお母さんが「一緒に歩きます」と言うけれど、
普通の衣装でヴァージンロードを歩かれても絵になりません。

フラワーガールがいるのなら順序にこだわらず、
女の子が手をつないで一緒に入場するのもよい方法。
新郎新婦が手を引くと、事情がわからず「あのふたり、子どもがいたの?」
なんて邪推する人もいるので、これは絶対にNGです。

ヴァージンロードの真ん中で父が固まった!

ハプニングあるある_進行編3-2_父親固まる
足を揃えて踏み出すあのステップは、父親世代には難しいもの。
お父さんにスキップができるか聞いてみて、
苦手と言われたら、このステップは踏めないと思ったほうがよいかも。

歩き方のコツは、歩幅を大きくしないことです。
出した足の横につぎの足を揃えたら、
今度はその揃えたほうの足を出すのだと教えてあげましょう。
どうしてもできなかったら、普通に歩いてもかまいません。
事前に親子でステップの練習をするのもよい思い出になるので、
ぜひ声をかけてあげて。

神社での挙式のあと、披露宴会場への移動の手配を
誰もやってくれなかった!

式と披露宴を別の場所で行う場合は、
トータルで見てくれるプロデューサー的な人をつけないと危険!
式場スタッフは式場のみ、披露宴スタッフは披露宴のみが仕事の範疇。
垣根を越えることはないし、そこまでする義務もありません。

移動手段にしても、好意で手配した車が渋滞に遭って披露宴に間に合わなかったら、
仕事の範囲外で責任を取らされるのはその人です。
結婚式では「誰かがやってくれるだろう」はあり得ないと肝に銘じて、
打ち合わせは念入りに!

意外とありがちゲストの飛び入り参加!

教え子がお祝いにかけつける、「お嫁さんを見せたい」と
親戚が孫を連れてくるなど、当日になって突然ゲストが増えてしまうことも。
そんな場合はすぐに担当者に相談を。
1、2名分なら席とお料理を用意してくれることもあります。
ただし披露宴の進行は変更がきかないので余興は丁重にお断りを。
引き出物の手配も難しいと心得て。

ハプニングあるある_進行編3-3_犬食い

ドレスを汚したくない一心で料理を犬食いしてしまった!

レストラン・ウエディングでは、花嫁もゲストと共に料理を食べるのが一般的。
ドレスを汚したくないからと顔をお皿に近づけてしまうと
「犬食い」になってしまいます。
これを防ぐには、料理が運ばれてきたら椅子をテーブルに近づけて、
ウエストから下にナプキンをかけます。
プレートは、少し自分の側に引き寄せましょう。
この姿勢ならスプーンやフォークがまっすぐに上がるし、
万が一こぼれたとしてもプレートの上なので大丈夫です。

また、ヘアがダウンスタイルの場合、
肩にかかる髪を左手で髪を押さえる「X攻撃」をしてしまう花嫁も。
ダウンにするならどこかでまとめ、肩にかからないように配慮を。

新郎がベロベロに酔っぱらい謝辞が言えなかった!

披露宴で彼が酔っぱらったとしても
「お酒を断れない優しい人なんだ」とポジティブに考えて。
飲み過ぎる新郎に新婦がストップをかけると「かかあ天下」と言われるし、
彼の両親が出て行っても「いい年をして」となるので、
前もって彼の兄弟か従兄弟にお目付役を頼んでおくのもよい方法です。

謝辞が心配だったら披露宴のオープニングで新郎に
「感謝のことば」を言ってもらい、謝辞に替えてもよいと思います。

余興の時間が押して、彼の友人はエンディングまでヘンな仮装のまま!

ハプニングあるある_進行編3-4_余興がのびた最後の余興でボーリングのピンの着ぐるみを着た新郎の友人たち。
着替える間もなく「花嫁の手紙」に突入し、
泣きの場面のはずなのに、みんな笑いをこらえるのに必死だった、
なんていう話もあります。

披露宴の進行は「押して当たり前」と考えておいたほうが無難。
無理にアレコレつめこまないで、余裕のある進行を心がけて。

このコラムと関連した結婚式ムービーアイテム

profile

オープニングムービー

オープニングムービーは、結婚式場や披露宴会場への新郎新婦入場シーンを華やかに盛り上げる映像演出です。
列席した経験があれば思い当たると思いますが、式場の雰囲気は結構ざわついているもの。
そこで活躍するのが、このオープニングムービーなんです。

endroll

オリジナル結婚式ムービー

「ありきたりな結婚式にはしたくない」「自分たちだけの結婚式にしたい」そんな願いもオリジナル結婚式ムービーなら実現できるかもしれません。 なぜなら、二人の歩んできた生い立ち、馴れ初めは他人とは決して違う二人だけのオリジナルヒストリーなのです。オリジナル結婚式ムービーはそのオリジナルヒストリー(歴史)を構成作家がオリジナルストーリー(物語)へ。そしてクリエイターがオリジナルムービー(映像)へと形作っていきます。

profile

このコラムのライター

井出千昌

フェリス女学院大学文学部国文学科卒。フリーライター。学生時代から編集の仕事に携わり、卒業後、フリーに。『25ansウエディング』(ハースト婦人画報社)には’90年代半ばから現在まで執筆を続けている。ウエディング関連の編集書に『安部トシ子の結婚のバイブル』(ハースト婦人画報社)、編集協力として『SWEETウエディング ハンドメイドBOOK』(武井美雪著/主婦の友社)などがある。

こちらもおすすめ
今更人に聞けない素朴な疑問10-2_一般常識編_リングのお返し

結婚式の豆知識

今さら人に聞けない 結婚式に関する素朴な疑問 PART.2 一般常識編

両家の顔合わせから結婚式の準備、入籍、新生活のスタートまで、 「これはどうすればいいの?」 と悩む一般常識のアレコレにお答えします!

両家の顔合わせから結婚式の準備、入籍、…

今さら人に聞けない素朴な疑問9-1_挙式編_神父と牧師

結婚式の豆知識

今さら人に聞けない 結婚式に関する素朴な疑問 PART.1 挙式編

結婚式の準備を進めながら「こんなことを聞いたら非常識?」 なんて考えてモヤモヤしている人もいるのでは? 特に挙式に関しては、 知らなくて不安になるこ…

結婚式の準備を進めながら「こんなことを…

できる花嫁マナーと気配り8-1_会話編_日常とパブリックを混同しない

結婚式の豆知識

デキる花嫁のマナーと気配りPART.5 両家の会話編

ふとしたしぐさやなにげない言葉づかいが素敵。 気取っているわけではないのに、 今日は特別に輝いて見える…。 立ち居振る舞いにスマートさが感じられる花嫁…

ふとしたしぐさやなにげない言葉づかいが…

できる花嫁マナーと気配り7-1_両家の家族編_積極的に親の紹介

結婚式の豆知識

デキる花嫁のマナーと気配りPART.4 両家の家族編

あなたが結婚式に夢をもっているように、 両家の両親にとっても結婚式は特別な日。 今まで見守ってきてくれた家族のために、 この機会にできる親孝行は、た…

あなたが結婚式に夢をもっているように、 …

できる花嫁のマナーと気配り_パートナー編6-2_見下さない

結婚式の豆知識

デキる花嫁のマナーと気配りPART.3 パートナー編

ゲストに対する配慮は万全なのに、肝心の彼のことは何も考えてない…。 意外なようですが、そんな花嫁はとても多いんです。 彼はあなたにとって、いちばん大切…

ゲストに対する配慮は万全なのに、肝心の…

最後にチェックした商品